良質な医療サービスは「人財」の成す業。
スタッフの成長で、選ばれるクリニックへ。

成功するクリニックに不可欠なのは、医療サービスの礎となる「人」の採用・育成サポートです。
スタッフが医療者スキルを高め、患者様に選んでいただけるクリニックづくりのために、
「人」に関する法律家である「社会保険労務士」によるサポートを中心に、
さまざまな角度から「人材」を「人財」化させるプログラムを提案・実施させていただきます。

想の組織を創る4ステップコンサル

  • 優秀な人財の確保が最優先

    • 良い人材と見抜く面接技術
    • 募集広告の打ち出し方
    • トラブルを防ぐ採用時の諸手続き

    採用支援コンサルティング

    より良い組織創りの第一歩は採用にあり!より多くの応募を得るための求人、応募者から優秀な人材を選び抜くた めの面談、採用後の手続きまで手厚く支援します。

    支援内容

    期待人材像の明確化と採用計画の立案
    どのような人材を採用するかを明確にします。
    募集媒体の選定・広告デザイン策定
    対象とする人材に最も効果的なアプローチを提案します。
    面接のスケジューリングと立ち会い
    短時間で人材を見抜くノウハウをお伝えします。
    採用時の書類回収と不採用通知の発送
    手間のかかる面接後の手続きをフォローします。
  • スタッフが定着する組織基盤づくり

    • 就業規則等の整備
    • 公平な給与制度の設計
    • 院内ルールの明確化

    組織基盤づくり(人事・労務管理体制の整備)

    良い人材が定着するためには、良い人材にとって居心地の良い職場環境が必要です。不公平な給与の仕組みや院内のルールが不明確な状態では、良い人材から先に辞めてしまう可能性があります。

    支援内容

    自院に即した就業規則・労働契約書
    関連法規に準拠し、人事・労務トラブルから医院を守ります。
    院内ルールをまとめたハンドブック
    院内独自のルールや就業規則を分かりやすくまとめ、浸透を図ります。
    各種申請・報告フォーマットの整備
    時間外申請書、遅刻・欠勤届、反省文、研修報告書等のフォーマットを整えます。
    公平性の確保された給与支給の仕組み
    給与の支給に一定の基準を定め、不公平な格差を是正します。
    労働管理のマニュアル化
    有給・時間外等の管理手順を書面で明確にします。
  • ES(職員満足度)向上支援

    • 就業規則等の整備
    • 公平な給与精度の設計
    • 院内ルールの明確化

    ES(職員満足度)向上支援

    職員満足度は質の高いサービスの第一歩。イキイキとしたスタッフは患者様にも誠意ある対応ができるようになります。弊社では職員満足度=関心の高さ×コミュニケーションと定義し、これらを高める取組みを支援します。

    関心を高める支援

    理念の明確化と浸透支援
    スタッフと院長の思いを共有します。
    評価システムの導入
    スタッフの頑張りを認める仕組みづくりを構築します。
    「スタッフカルテ」等ツールの提供
    スタッフの把握と理解を促します。

    コミュニケーションを向上させる支援

    朝礼・定期ミーティングの実施
    スタッフ全員とのコミュニケーションを図ります。
    個人面談の実施
    個人別にコミュニケーションを図ります。
    褒め方・叱り方・声がけの技術
    モチベーションを高める働きかけを工夫します。
  • CS(患者満足度)向上支援

    • 接遇レベル向上
    • クレーム対応スキル向上
    • 業務改善・サービス力の向上

    CS(患者満足度)向上支援

    先生から大切にされるスタッフは、患者さんを大切にすることができることでしょう。あとは、具体的なスキルを教育し、主体的に学んでいただくことで先生の理想がいつしか「普通」になっているかもしれません。

    支援内容

    接遇実態調査
    専門の接遇トレーナーが現場の接遇をチェックし改善点を把握します。
    患者不満足度調査
    院内独自のルールや就業規則を分かりやすくまとめ、浸透を図ります。
    接遇プロジェクトの立ち上げ
    より高いレベルの接遇が定着するように、内部の活動に落とし込みます。

具体的なサービスメニュー

ケーススタディ

大病院の外来では行き届かない、 市井で望まれている医療を実現したい。

おくむらクリニック 院長 奥村 匡敏

日本医業総研には資金調達や事業計画の立案、各書類作成等の実務をすべてお預けすることで、わたし自身は、提供する医療サービスの検討に集中でき、プランニングと実行という分担ができたということが、大きなメリットになりました。 MORE

お問い合わせ