【医業総研】タイプ別に解説!コミュニケーションのポイント

━━━━━━━━━━━https://www.lets-nns.co.jp/
 日本医業総研メールマガジン  2019年10月21日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは!
ラグビーワールドカップ日本代表決勝トーナメント敗退、
残念でした、、、、
でも、新しい歴史の1ページを開いた選手、監督、コーチ、
関係者すべての方々に感動を与えてくれてありがとう!と
感謝したいと思います!

どの選手も、「ONE TEAM」のすばらしさを誇らしげに
語っておられました。
やはり、組織で勝負するには、チーム全体が一体感を持つこと
が重要なのですね!
クリニック経営も院長とスタッフが一丸になって患者さんと
向き合っていくことが重要と考えます。

次回の医院経営塾第2講 午後の経営実践コースは「チーム活性化講座」。
ぜひ、開業後のスタッフマネジメントの要諦をしっかり掴んで
開業に臨んでいただければと思います。
先生方の積極的なご参加をお待ちしております。


★INDEX ===================================★
 院長のための医院経営塾「チーム活性化講座」(10/27:東京)
★=======================================================★

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
  院長のための医院経営塾
  「チーム活性化講座」(10/27:東京)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

院長自身がスタッフのことを大切にすることで、スタッフは
はじめておもいやりのあるサービスを患者様に提供できます。

当講座では、院長のタイプ別のコミュニケーションのあり方や、
活性化したチーム創りのための取り組みをご紹介します。

たくさんの実践事例をもとに、自院で活用できる具体的施策に
ついて解説します。


<講座内容>14:30~16:30

CS(患者満足度)向上のカギはES(職員満足度)向上が握る!

1.映像を見ながら院長のタイプ別に解説!
    タイプ別のコミュニケーションのポイント
2.組織の活性化を実現した事例紹介
3.職場ルールの決め方と浸透方法
4.初任給・昇給・賞与の決定方法とモチベーションの関係
5.スタッフを承認し、やりがいを引き出す「評価」の方法
6.スタッフがイキイキと働くための具体的な取り組みを考える


◆ お申込み・お問合せはこちら ◆

チーム活性化講座(第30期)
□======================= https://www.lets-nns.co.jp/ ==□ ◆発行- 株式会社日本医業総研 メールマガジン編集部 ◆アドレス- https://www.lets-nns.co.jp/ ◆ご意見・ご感想- nis-info@nisgr.jp ◆変更・解除- https://www.lets-nns.co.jp/regist/ □========================================================□

お問い合わせ