本院の信頼とネットワークを活用在宅医療を広げるべく分院を開設

新津 建樹・坂井貴子 先生 インタビュー

にいつクリニック・さかいクリニック

にいつクリニック・さかいクリニック

子どもから高齢者まで何でも相談できる「かかりつけ医」をコンセプトに、6年前に医療法人ほのぼ の会を立ち上げた新津建樹理事長。今年2月には、勤務医時代の後輩にあたる坂井貴子先生を院長として迎え、大阪市西区に分院を開院しました。麻酔科医とし てプライマリ・ケアに着目し、24時間体制で診療にあたっています。

麻酔科医の経験を活かし10年前から在宅医療を開始

■法人の沿革を教えてください

新津
父親が大阪市港区で開業していた診療所を約10年前に継承しました。麻酔科医として勤務した経験を活かし、開業当初より「在宅緩和ケア」を開始しました。 しかし、当時は在宅医療が一般に認識されておらず、患者さんが定着するには時間がかかりました。継承3年後に、徐々に口コミで往診にうかがう機会が増え、 6年前には法人格を取得。それが現在の「ほのぼの会」の始まりです。

■坂井先生を分院院長に迎えたのは、麻酔科医の経験に魅力を感じたからでしょうか

新津
麻酔科医は新生児から100歳を越える高齢者まで、幅広い年代の患者さんと接します。また、多様な疾患に関わりますので、診療科の振り分けができるのが強 みですね。これはプライマリ・ケアの現場に非常に適していると思います。ほかにも、緩和ケアや人工呼吸器の取り扱いなど、専門性を発揮した在宅医療を実現 していただけると考えお願いしました。

■坂井先生は勤務医からの転身に戸惑いはなかったのですか

坂井
日々の診療から、スタッフの接遇、保険診療に対する知識まで毎日が勉強です。もし、個人で開業していたら大変だったと思いますが、新津理事長をはじめ、本 院職員の支援のおかげで助かっています。本院と分院は人事も交流しており、採用後は本院で1カ月以上の研修を実施します。スタッフのスキルアップと法人理 念を理解していただく良い機会となっています。本院と分院の距離が近いこともプラスに働いています。

■開業地の選定は、どのようにされたのでしょうか?

坂井
日本医業総研の開業サポートを利用しました。コンサルタントの提案は本院から近く、かつ診療圏のかぶらない西区。これは本院のもつ地域からの信頼度、また 周辺の病院や介護事業所とのネットワークを活用するうえで欠かせない要件です。さらに、西区をブロックに分けて住民の年齢層を分析、本院の外来患者層とで きるだけ近い環境を選択しました。 ここ九条周辺は鉄工所から発展した町で歴史が古く、65歳以上の高齢者が多いのが特徴です。賃貸マンションも点在するため、住民の入れ替わりで子どもも多 い。これなら本院と同じスタイルで診療所を展開できると確信しました。


「家庭医」「総合医」としてキュアとケアが不可欠

■実際に開業していかがでしたでしょうか。

坂井
開業医として口コミの力を実感します。西区は活気のある商売人の街です。当院も商店街の一角にあり、来院した商店街の方が他店に当院を紹介していただく ケースがあります。実際に患者層を調べてみると、商店街の方が占める割合は非常に高いですね。一人ひとりの患者さんに丁寧に対応し、診療に満足していただ くことが大切だと感じています。
在宅診療は開業間もないながら、現在までに11人の患者さんから依頼を受け、看取りもしました。地元住民を中心に診療を続けながら、在宅診療も行うために は、メンタルな部分も含めて日常生活から患者さんと向き合う必要があります。患者さんの人生に関わる勤務医時代とはまた違ったかたちでのやりがいを実感し ています。

■今後の法人の方針をお聞かせください。

新津
24時間の診療体制は港区でも多くの信頼を得ています。本院で10年近く続けてきた「地域に密着した在宅医療」を、西区にも広げていきたいですね。開業医 は「キュア」と「ケア」の双方を提供することが大切です。まずは「家庭医」「総合医」という立場で、患者さんの相談に応じるのが法人のスタンスです。

 

 

新津建樹先生 ご経歴

1974年、関西医科大学卒業後、同大学附属病院麻酔科入局。85年、医学博士取得。関西医科大学麻酔科学講師、松江赤十字病院麻酔科部長、大阪済生会泉尾病院麻酔科部長を歴任後、98年、にいつクリニックを継承。2001年、医療法人ほのぼの会設立

坂井貴子先生 ご経歴

1988年、東邦大学医学部卒業後、関西医科大学附属病院麻酔科入局。同大学附属男山病院、同大学附属病院、同大学附属枚方病院勤務を経て、2007年、医療法人ほのぼの会さかいクリニック院長に就任

Clinic Data

にいつクリニック・さかいクリニック

にいつクリニック:麻酔科・内科・小児科・アレルギー科・リハビリテーション科 さかいクリニック:麻酔科・内科・小児科・リハビリテーション科

http://www.honobono.or.jp/

お問い合わせ