【医業総研】 活性化した院内チーム創りのための取り組みとは

━━━━━━━━━━━http://www.lets-nns.co.jp/
 日本医業総研メールマガジン 2016年06月07日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中には、
自分から考えて動く『自燃性』の人と、
やる気が出るように仕向けると燃える『可燃性』の人、
どうしても燃えてくれない『不燃性』の人がいます。

また、人は変わっていくので、以前の職場では
自然性だった人が、今では不燃性になって
しまっているということもあり得ます。

現在のやる気は、直接の面談で確認することが
できるでしょう。

そして、可燃性・自然性のスタッフさんが
現在勤務していたり、これから面接で雇用できても、
その人のやる気を燃やし続けることができるか
どうかが継続的な課題となります。

では、スタッフさんのやる気を燃やす
燃料を先生からどのように加えていくのでしょうか。

それは、的確なタイミングで評価と指導を
繰り返し続けていくことにかかっています。非常に
大変なことではありますが、院長先生に
しかできない大切なことです。

それぞれのスタッフさんが適温のやる気を
保つことで、組織をより活性化させることが
できるでしょう。



★INDEX =============================★
┣ 院長のための医院経営塾 チーム活性化講座(6/19:東京)
★====================================★

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 院長のための医院経営塾 
 チーム活性化講座 (6/19:東京)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

院長自身がスタッフを大切にすることで、
スタッフは、はじめて患者様におもいやりのある
サービスを提供することができます。

当講座では、院長のタイプ別の
コミュニケーションのあり方や、
活性化したチーム創りのための取り組みを
ご紹介します。

たくさんの実践事例をもとに、自院で
活用できる具体的施策について解説します。


【講演プログラム】
CS(患者満足度)向上のカギはES(職員満足度)向上が握る!

1.映像を見ながら院長のタイプ別に解説!
 タイプ別のコミュニケーションのポイント 
2.組織の活性化を実現した事例紹介
3.初任給・昇給・賞与の決定方法とモチベーションの関係
4.スタッフを承認し、やりがいを引き出す「評価」の方法
5.スタッフがイキイキと働くための具体的な取り組みを考える


◆ お申込み・お問合せはこちら ◆
→ http://iin-kj.com/juku/j20160619.html




┏━━━━━━━━━━━━━━ http://www.lets-nns.co.jp/ ┓
 ◆発行          株式会社日本医業総研 メールマガジン編集部
 ◆アドレス       http://www.lets-nns.co.jp/
 ◆ご意見・ご感想 practice@lets-nns.co.jp
 ◆変更・解除   http://www.lets-nns.co.jp/regist/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 Copyright(C)2016 - NNS All Rights Reserved.
 こちらに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
▲ ページのトップに戻る