【医業総研】面接で本質を見抜く!採用力強化講座で質問力を磨く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://www.lets-nns.co.jp/
 日本医業総研メールマガジン 2015年4月21日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人は、脳のミラーニューロンの法則で近くの人の言動や思考を
コピーして自分に取り込んでしまうことがあります。

良い思考をもつ人が集団にいて、しかもトップであれば、
良い考え方がコピーされて、素晴らしい集団になれるでしょう。

一方で、口だけ、ごまかしが多い、人を敬わない、
人の話を聞かない、自己中心的などダメな思考を持つ人が
トップであれば、トップと周囲の人の距離が近ければ近いほど
悪いコピーの増幅がおきて、ダメな集団になっていきます。

一般的には、企業の風土改善の際に持ち出される
話ではありますが、もちろんクリニックにもあてはまります。

先生がうっかり、スタッフのいる前で「あの患者さんはめんどくさい」
などと言ってしまおうものなら、スタッフは自分たちも
その態度で許されると考えますし、先生が何か注意をしても
「先生こそひどいことを言っているくせに」と聞き入れませんので
人間関係が悪化するだけで、何も解決しません。

診療所のトップである先生が、来院される患者さんや
働くスタッフへの感謝を当たり前のこととして心から考え、
丁寧かつ健全で明るい対応ができれば、その思考と行動は
スタッフへコピーされます。

また、もっとも恐ろしいのは、悪い思考のコピーが広まってダメな
空気になっていることを集団の誰もが気づかずに当たり前だと
感じてしまっている場合です。

そんなときは、おそらく患者さんが何らかのサインを出して
くるでしょう。クレームが増えるということもあるかもしれません。
そういう事態に直面したら、自分を振り返り自分がどんな思考で、
日々を過ごしていたか、スタッフはどういう態度で、先生や患者さんと
接していたかよく考えましょう。

また、自力での改善が難しいようなら、外部の人事コンサルタント
などに相談をしてみることも検討し、良いクリニックをつくって
いきましょう。



 ★INDEX ========================================================★
┣ ~採用編~
医院経営塾で人事労務問題の解決力を強化しませんか?
★===============================================================★

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 院長のための医院経営塾 第1講 採用力強化講座(5/24東京)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

採用は、良い組織創りの入口になりますが、応募者があまり集まらない
ことや、短い面接時間の中で良い人材かどうかを見抜かなければ
ならないため、十分満足のいく結果にならないことも多くあります。

当講座では、求人の打ち出し方を工夫することにより、より良い人材と
巡り合い、その中から理想のスタッフを選択するための、書類選考の
ポイントや効果的な面接方法について解説します。


<プログラム>
1.求人前に知っておきたい人事労務関係基礎知識
2.応募人数が変わる!求人の打ち出し方
3.書類選考 ~履歴書で分かる要注意人物とは~
4.失敗しないための面接方法
~面接映像から学ぶ成功パターン、失敗パターン~
5.面接で本質を見抜く!質問力の磨き方


◆お申込み・お問合せはこちら◆
http://iin-kj.com/juku/j20150524.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.lets-nns.co.jp/┓
 ◆発行
株式会社日本医業総研 メールマガジン編集部
 ◆アドレス       http://www.lets-nns.co.jp/
 ◆ご意見・ご感想 practice@lets-nns.co.jp
 ◆変更・解除   http://www.lets-nns.co.jp/regist/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 Copyright(C)2015 - NNS All Rights Reserved.

こちらに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
▲ ページのトップに戻る