【医業総研メルマガ】<新クールスタート>勤務医のための医院経営塾 第1講「経営戦略集中講座」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://www.lets-nns.co.jp/

 日本医業総研メールマガジン 2013年9月17日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のテーマは『ホームページ』です。

広告は、(1)折込チラシ(2)看板(3)ホームページ
の三つに分けて考えることができます。

ご自宅で新聞を見るついでに眺めてもらえるのが、折込チラシです。
通勤途中にいつも目に止まる、通院を意識していない
受動的な患者さん(候補)に訴えるものは、看板でしょう。

そして、ホームページは『行きたい診療所』を探している
能動的(アクティブ)な患者さんに『選んで』もらうための広告です。

またホームページは、予防接種、季節ごとの疾病の情報などを
作成後に編集可能なため、開業後の主力広告といえるでしょう。

一方で、イメージを重視した作りになっている
ホームページも数多く見かけます。

しかし、ホームページを見る人は、傷病を抱えているか、
身体の不調に不安を感じています。

つまり、ユーザーが検索する際の重要なキーワードを意識し、
患者さんが安心して診察を受けたいと感じる情報を
掲載しなければいけません。

自分が患者さんになったつもりで
掲載する情報を整理していきましょう。



★ INDEX =================================================================★
┣「事業コンセプトマップを作成しよう」医院経営塾で経営戦略を学びませんか?
┣ これから在宅医療を志される方へ 【大阪開催】
★========================================================================★

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 「事業コンセプトマップを作成しよう」医院経営塾で経営戦略を学びませんか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

医院開業を成功に導くポイントは、
経営理念に基づいた事業コンセプトの確立にあります。

本講座では、豊富な事例を元に、
参加者ご自身の強みを活かした診療コンセプト、
ターゲットとする患者像、開業エリア、連携医療機関、
差別化戦略をまとめた「事業コンセプトマップ」を作成し、
お持ち帰りいただくことができます。


 ◆プログラム◆ 10:00~13:00

1.クリニック名を考える
2.経営理念を考える
3.自分の強みと弱みを分析する
4.診療コンセプトを明確にする
5.診療コンセプトを実現させるためのエリアを考える
6.医療連携先を明確にする
7.差別化戦略を検討する
8.事業コンセプトマップを作成しよう

 
 ◆お申込み・お問合せはこちら◆

 http://iin-kj.com/juku/t20130929.html?ref=ss0917



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  これから在宅医療を志される方へ 【大阪開催】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

在宅医療を専門として、在宅看取りの普及につとめている
医療法人学縁会おおさか往診クリニック様が、
なぜ多くの患者様に支持を受けているのでしょうか。

在宅医療の現場で患者様やご家族に受け入れて
いただくための考え方・診療所の運営方や、
将来を担う人材育成に対する思い、在宅医療を
推進していくためのポイントを実例を交えて
お話していただきます。


【大阪開催】09月29日(日)10:00~12:00
 場所:北大阪急行「緑地公園」駅直結 緑地駅ビル6F
 
イベント詳細はこちら
⇒ https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=23808&ref=ss0917



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www.lets-nns.co.jp/┓
 ◆発行          株式会社日本医業総研 メールマガジン編集部
 ◆アドレス       http://www.lets-nns.co.jp/
 ◆ご意見・ご感想 practice@lets-nns.co.jp
 ◆変更・解除   http://www.lets-nns.co.jp/regist/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 Copyright(C)2013 - NNS All Rights Reserved.
 こちらに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
▲ ページのトップに戻る